FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

popporo

Author:popporo
初めまして。。(*^_^*)

ご趣味は? と聞かれると、「読書」と応えられるほど、読書が好きになってきました。

読書によって世界を広げることができるからです。

大切な読後の余韻を読みっぱなしにして忘れてしまわぬよう、また理解を助けるためのメモとして始めた書評記録ですが、さらに世界を広めるために、皆様から感想を頂戴できるとうれしいです。
m(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

怒らない技術2

2013.01.19 00:25|実用
怒らない技術2  ★★★★2013.1.17
嶋津良智
フォレスト出版

・イライラや怒りへの対応方法には二つあります。・・・一つは体質改善です。・・・もう一つは対症療法です。

 対症療法は、対症療法でしかなく、大事なのは体質改善かなと考えて、体質改善について次にまとめました。
 体質改善のためには「三つの準備」があるとしています。
【体質改善の準備1】・・・自分にできることに焦点を当てる
【体質改善の準備2】・・・怒りの伝え方をマスターする
【体質改善の準備3】・・・三つの捨てるべきもの
  ①人の責任にすること
  ②人に好かれたいという気持ち
  ③勝手な思い込み 

 この体質改善について有力な武器になるのが「アンガーログ(怒りの記録)」です。
いつ、どこで、どんなときに、どのくらい怒ったかを記録すると、自分の怒りの傾向がわかり、イライラや怒りを少なくしていくことができるそうです。

(アンガーログ=怒った日時、場所、きっかけとなった出来事、言動、して欲しかったこと、結果、そのときの自分の感情、怒りの強さ、をメモること)

 そして、巻末には「イライラ体質を改善する2週間プログラム」が載っています。
まず、ポイントは“「怒らない」と決めること”とあります。

 そして、最初の1週間の目標は、怒らないことが自分にとっても周りにとってもいいことだと知ることだそうです。この1週間は、怒らないと決め、怒ってしまった場合にはアンガーログを取っていく、中日あたりから対症療法も行っていく、ことが実行することになります。

 2週間目は、1週間目と同じことをやるのに加え、自分の思いを素直に相手に伝える、ことが加わります。また、相手の良いところをみつけることも加わります。

 こうして2週間後には、自分が怒らなくなったことで周りの人もハッピーになり自分も怒らないことのメリットを感じるようになる、とあります。

 「ヒトを変えようとしても変わらない。ヒトを変えるには自分が変わらなければならない」という言葉を、この本は説いているようです。イライラの原因が自分の思うように進まないことであり、その大きな部分を他人の行動が占めているように考えているのが、対人に対する記載の厚さからも伺えます。

 しかし、対他人ではなく対自分に対しても、即ち、自分で自分をコントロールできないイライラに対しても、解決策が示されていますよ。

 自分はどちらに対する怒りの比重が高いのだろう? 自分のイライラ、怒りの原因を探るためにもまずは「アンガーログ」を取ってみる必要がありそうです。

 さて、今日一日のアンガーログを取ってみるか。。。ところが、、やれと言われて、良さそうだと気づいてもやらない、これがイライラの原因なんですが・・・・。



スポンサーサイト



テーマ:読んだ本
ジャンル:本・雑誌

コメント

非公開コメント