FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

popporo

Author:popporo
初めまして。。(*^_^*)

ご趣味は? と聞かれると、「読書」と応えられるほど、読書が好きになってきました。

読書によって世界を広げることができるからです。

大切な読後の余韻を読みっぱなしにして忘れてしまわぬよう、また理解を助けるためのメモとして始めた書評記録ですが、さらに世界を広めるために、皆様から感想を頂戴できるとうれしいです。
m(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい  

2014.03.23 09:09|実用
長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい  ★★★2014.3.22
槙孝子
アスコム
2013年7月7日発行

9784776207931[1]

「長生きしたけりゃ」に引かれたわけではありませんが、以前からふくらはぎの筋肉は重要だ、と聞いていた記憶があるので、ふくらはぎもみが良いとされる真意を探るため、といっては大げさですが、本書を手にとってみました。

・人間の血液は重力のために約70%が下半身に集まります。ふくらはぎは上からどんどん降りてくる血液を受けとめ、重力に逆らって、せっせと心臓に戻すポンプとして、日夜働き続けています。第2の心臓と呼ばれるほど重要な働きをもつ、筋肉器官なのです。

ふくらはぎをもむ理由です。血液の循環を促進するためなんですね。

・1日1~2分間でも、続ければ体が変わります。
・いつ、どこで、1日何回やってもかまいません。

もむ頻度は、たったこれだけでOK。何かをしながらでも簡単にできます。

・血液を心臓に戻すつもりで、必ずアキレス腱からひざ裏に向かってもみます。

ふくらはぎマッサージのポイントですが、「下から上へ」を意識してやることです。

・「ちょっと痛いけど気持ちいい」強さでもみます。ふくらはぎがかたい人は「さするだけ」から始めて、無理せず進めます。決して力を入れすぎないこと。

ヒトによってふくらはぎの状態が違うので、もむ強さも違います。「痛くない程度」で力を入れすぎずに。もみかたも、いわゆる「もむ」動作の他に「なぞる」「たたく」でも良く、自分流に解釈すると、さわるだけでも何でもとにかく方法は問わずふくらはぎに触れて刺激を与えれば良いといった感じでしょうか。

・痛い、つらいと感じたら無理せずやめます。

ずっとさわっていると、なんだか痛くなってくるような感じもあります。そうしたらやめればいいだけですね。だから続けられるのかもしれません。

本書を読まなくても、ふくらはぎを下から上へ痛くない程度に刺激する。1日1分でかまわない。痛くなったらやめる。これだけ注意すれば大丈夫で、今からどなたでも始められます。

ふくらはぎもみの効能はた~くさん本書に書いてありますので、それが知りたい方は本書を読んでみてください。

スポンサーサイト



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント