FC2ブログ
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

popporo

Author:popporo
初めまして。。(*^_^*)

ご趣味は? と聞かれると、「読書」と応えられるほど、読書が好きになってきました。

読書によって世界を広げることができるからです。

大切な読後の余韻を読みっぱなしにして忘れてしまわぬよう、また理解を助けるためのメモとして始めた書評記録ですが、さらに世界を広めるために、皆様から感想を頂戴できるとうれしいです。
m(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稼ぐ力 

2014.02.23 21:31|社会
137[1]


稼ぐ力 ★★★2014. 2.19
大前研一
小学館(2013.9.10発行)

・本書は、『週刊ポスト』での連載「ビジネス新大陸の歩き方」(2012~13年)に掲載された原稿を、テーマごとに並び替え、そこに『SAPIO』(13年4月・5月号)掲載記事と書き下ろし原稿を加えたものである。

 ですので、何かまとまった主題があるという書物ではありませんが、原稿掲載時期のホットな話題が簡潔にまとまっており、大前氏の主張が存分に含まれているものと思われます。

・本書では、私が経営コンサルティング会社マッキンゼーにいた頃から現在に至るまで指導してきた人材育成の要諦や採用基準、仕事力の鍛え方などを織り交ぜながら、ビジネスパーソンが21世紀の厳しい時代を生き抜く方法を提言する。その中から、本書の読者にはこれからの新しい働き方、すなわち“世界標準”の仕事のやり方を学んでほしいと思う。

 最近、マッキンゼー本が話題になっているように感じますが、マッキンゼーの第一人者である大前氏自身によるマッキンゼー絡みの話題が含まれていることに意義を感じます。

・欧米のグローバル企業と海外展開がうまくいっていない日本企業の違いは、まず「組織」である。
 →それぞれの国に国内同様の経営資源を注げ。
・もう一つの大きな違いは「採用・人事」である。
 →日本人とその国の人を差別しない。

 さて、いよいよ各論、といいますか具体的な内容に入りますが、まずは日本企業の問題点を挙げています。日本企業は海外展開を十分にしているようですが、外国のグローバル企業に比べると、まだまだ現地での重みがありません。現地人の活用が不十分と思えますし、日本人の寄与も一次的(ex.すぐに担当者が変わる)なようです。

・2030年に生き残れるグローバル人材になるためには、大きく分けて二つのスキルが必要だ。一つは「ハードスキル」だ。具体的には会計、財務、マーケティング理論、統計学などビジネスで必要とされる“道具”である。・・もう一つは「ソフトスキル」だ。・・民族・国籍・文化・言語・宗教の違う人たちとコミュニケーションをとりながら、ビジネスを円滑に進める能力を指し、もちろん英語力が前提となる。
・経験上、ハードスキルとソフトスキルは、それぞれ最低2年くらいは訓練する必要がある。

 この本を通じてあちこちで書かれていることは外国人に対して円滑にビジネスを進められる実力の必要性です。

・第2フェーズは、中間管理職(部課長クラス)だ。このフェーズでは、三つくらいの異なる分野で仕事をすることが望ましい。
・次の第3フェーズに進んだ人には、大きく分けて三つの役割が求められる。それは、「全く新しい事業を立ち上げる」(スタート・ニュー) 「ダメな事業を立て直す」(ターン・アラウンド)「うまくいっている会社の中核事業をさらに伸ばす」(ドウ・モア・ベター)ということである。

 第1フェーズは、先輩に従って仕事を覚えることで当たり前と思える事ですので引用を省略しています。

・つまり、プレゼンで最も大切なのは「たった一つの物語」なのだ。逆に言えば、プレゼンは全体で一つの物語になってなければならないわけで、その物語さえ相手に伝われば、チャートも映像も必要ないのだ。
・そしてプレゼンで最も重要なのは「そのプレゼンの結果、何を達成したいのか」ということだ。したがってまずは相手にどんな知識があって、何を求めているのかを性格に把握しなければならない。
・もう一つのコツは、残りの4割を「Q&A」に充てることだ。聴衆の疑問や質問に答えることで、満足度は一気にアップする。
・自分が良く知らない領域の質問が出たら、正直に「アイ・ドント・ノー」と答えたほうがいい。生半可な知識で答えてはいけない。答えざるを得ない時は、自分が答えられる質問にリデファイン(再定義)、またはリフレーズ(言い換え)してから答えるのがポイントだ。「つまり、あたなが聞いているのはこういうことですね?」と一つ確認するふりをして、自分の答えられる質問に置き換えてしまうのだ。

 ここでは、プレゼンの話になります。

・商品ではなく「機能」の選択と集中を図れ
→日本はいまだハードウエア至上主義で液晶テレビ、デジカメなどの商品を軸に選択と集中を行おうとしている。その一報で、ビジネスシステムは、研究開発・設計・製造・販売・サービス・営業などの機能別組織を上流から下流まで“一気通貫”で残したままなのだ。つまり、会社の組織の選択と集中に取り組まず、商品の選択と集中だけを行うという間違った経営戦略をとっていた。
・キーワードは「CXM」
→C:契約、M:管理、X:いろいろなことば、
Xが研究開発なら、研究開発管理契約の意味。機能を丸ごと自前で持つのではなく、他社に任せたほうがコストが下がる機能は丸ごと外注する。


 日本の大手企業の「選択と集中」の失敗について述べています。その失敗の理由は、“商品”を選択・集中させたことにあり、会社の組織、即ち、機能を選択・集中すべきとしています。具体的には、台湾の鴻海精密工業の“製造”への特化などです。アップルから見れば鴻海を使うのはCXMの一つです。鴻海を使えばアップルにとって在庫を持つ必要がありません。商品の売れ行きが予測どうりに進まない今日、そのときどきの需要に応じて生産し販売する、それができる外国企業は強いです。一方でユニクロなどは自社で“一気通貫”できる製造小売(SPA)に強みがありますよね。これについてはさらに深掘りが必要でしょうか。

・言い換えれば、ブランドというのは他社の商品と値段で差別化できるかどうか、である。値段に換算できない差別化は、単なる自己満足にすぎない。
 
 「ブランド」について的確に定義されているので引用しました。なるほど、です。

・欧米型育成の要諦は「キャリアパス」にあり、
 人事評価・選考に企業トップは労働時間の20%くらいを充てている。
 トップに必要な三つの資質は、第1に海外勤務経験、第2に有望か不採算かの両極端の事業をまかせ、その結果から判断する。第3は、強いリーダーシップによって「新しい方向・価値感」を示せる人物かという点である。

 これほど外国企業の外国人経営者が後進の指導に注力していたとは驚きです。

・プラクティカル・イングリッシュ習得法
 サムスンはTOEICで900点を入社、920点を課長昇進のラインとした。高麗大学では受験資格を800点とした。・・国全体が英語略アップにとりくみこの10年で主立った大学で英語で講義をし、学生との質疑応答も英語である。
 プラクティカル(実践的)とは成果、結果を出すと言う意味
・慣れない英語で結果を出す「4つの秘訣」
・1つ目は、当然のことだが、相手の感情を不必要に害するような表現を使わないこと。
・2つ目は、相手のやる気や自分に対する共感を引き出すこと。・・嘘でも「社長から全権を託されている」・・と言っておいて、最後の最後で「時間をくれ」と言って持ち帰れば相手も納得するはずだ。
・3つ目前任者との違いを行動で示すこと。これが最も大事である。
・4つ目は、自分の“特技”を披露するなどして人間として親近感を持ってもらうこと。・「1年間・500時間」が分岐点
・海外を相手にビジネスをする、あるいは社内で外国人と問題なく仕事を進めるためには、最低でも、TOEICなら700点は欲しい。・・まず、600点台に達していない場合、やるべきことは2つ。語彙や文法など、基本をしっかり覚えることと徹底的にリスニングをすることに尽きる。これに1年間500時間を充てる。・・600点といえば、キャノンやソニーの入社条件レベルである。
・「秋葉原でボランティア」が一番安上がり
・1人でもできる学習法として3つのことを勧めたい。
1つ目は、とにかく英語に耳を慣らすこと。2つめはいろいろなシーンを想定して自分で実況中継すること。3つめは、この「言えなかったこと」や「わからなかったこと」に絞って問題解決を行う学習法に切り替えること。

 最後に実践的英語について。大前氏が英語の勉強の仕方について語っています。参考にしましょう。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。