FC2ブログ
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

popporo

Author:popporo
初めまして。。(*^_^*)

ご趣味は? と聞かれると、「読書」と応えられるほど、読書が好きになってきました。

読書によって世界を広げることができるからです。

大切な読後の余韻を読みっぱなしにして忘れてしまわぬよう、また理解を助けるためのメモとして始めた書評記録ですが、さらに世界を広めるために、皆様から感想を頂戴できるとうれしいです。
m(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

「空気」で人を動かす

2014.07.12 08:45|実用
9784894516199.jpg

「空気」で人を動かす ★★★2014.7.12
横山信弘著
フォレスト出版

 著者横山氏は、コンサルタント。コラムニストとしても人気で「草創花伝」は月間アクセス200万PVを越えるそうです。

 最初に引用するのが「おわりに」の部分からとなります。

・「損失回避性」とは、たとえ同等の価値があろうとも、利益よりも損失のほうが心理的インパクトが強いことを言います。・・・利益を得るより、損失を回避するほうに人は力を発揮しようとするのです。・・・これは「プロスペクト理論」でも解説されている認知バイアスの1つです。

 朝9時出勤の会社の例が出され、1年間1度も遅刻しないで出社することは可能かと聞かれたら、ほとんどの人は「可能」と答えるようです。これは、会社に遅刻することなく出社することは「当たり前」だからであり、「当たり前」のことを自分ができない居心地の悪さを味わう「不安」等が大きな損失であると無意識に感じるから、それを何としても回避しようとしてするから、ということのようです。

 これから転じて、常に目標を達成する人に目を向けると、その人は目標達成が「当たり前」になっています。端から見ればモチベーションが高いように見えても、目標を達成している人にとっては、朝普通に出勤している人と同様に「当たり前」のことをしているに過ぎないのです。

 次は「当たり前」とはまた別の引用です。

・人間は、過去の言動を一貫して正当化したくなるという習性を持っています。これを「一貫性の法則」と呼びます。まず、体が反応して、あとで意味を探す。現に起きてしまった行動や状態を、自分に納得のいく形でうまく理由づけて説明してしまう。これを意味の偽造「作話」と呼びます。「後付けで言い訳をする」と表現すればわかりやすいでしょうか。この「作話」が、空気を汚すのです。

 「空気」が人を動かす・・・についての引用はほとんどできませんでした。あしからずでお願いします。
スポンサーサイト