FC2ブログ
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

popporo

Author:popporo
初めまして。。(*^_^*)

ご趣味は? と聞かれると、「読書」と応えられるほど、読書が好きになってきました。

読書によって世界を広げることができるからです。

大切な読後の余韻を読みっぱなしにして忘れてしまわぬよう、また理解を助けるためのメモとして始めた書評記録ですが、さらに世界を広めるために、皆様から感想を頂戴できるとうれしいです。
m(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭水化物が人類を滅ぼす

2014.02.17 00:02|未分類
炭水化物が人類を滅ぼす


炭水化物が人類を滅ぼす ★★★★2014. 2.16
夏井 睦(なついまこと)
光文社新書

著者の夏井氏は東北大医学部卒で練馬光が丘病院「傷の治療センター」長。

・本書では、中年オヤジでもスリムに変身できる方法を紹介する。・・・この方法なら、誰でも簡単に、短期間で努力なしに、ほぼ確実に痩せられるからだ。痩せないわけがない、という驚異のダイエット法だからだ。その簡単至極な痩身法とは、「糖質制限」である。糖質(=炭水化物と砂糖類)を食べない、というシンプル極まりない方法だ。

 冒頭にまず結論ありき。タイトルは少々大げさで、この本の中身は「糖質制限食のすすめ」にあります。

・糖質制限とはようするに、血糖を上げない食べ物を食べるようにすれば、体重が減り、ウエストがスマートになり、ついでに糖尿病も治る、ということである。
・炭水化物といっても食物繊維は、人間がそもそも消化できないため血糖を上げることはない。

 糖質制限食の“糖質制限”を定義しています。糖とでんぷんをとらないようにすること。ただそれだけです。朝、昼、晩の3食で糖質制限をしなくても、2食でも、1食でも、その人に無理の無い範囲で始めてみても効果があるようです。

・人間の生存に書くことができない必須脂肪酸と必須アミノ酸に関しては、食事で外部から取り入れるしか方法がないが、炭水化物に関しては、アミノ酸を材料にブドウ糖を合成する「糖新生」というシステムが人間には備わっていて、タンパク質さえあれば自分で作り出せるからだ。

 糖、デンプンは3大栄養素の一つですが、それを食物から取らなくても足りる理由を述べています。

・このように糖質制限について考えていくと、糖質制限食を食べているかぎり、糖尿病にならないだろうということは十分に予測できる。くりかえすが、血糖を上げる原因は糖質のみであり、その糖質を食べなければ血糖は上がるはずがなく、血糖が上がらなければ糖尿病ではないからだ。つまり、究極の糖尿病予防が可能になる。

 糖尿病の方にこの方法はおすすめですね。カロリー制限なんかしなくても、糖質を抜けば、あぶらものを取っても良いようです。現代のカロリー至上主義のような考え方に著者は疑問を呈しています。

・人体のなかで、ブドウ糖の最大の消費地は脳である。・・脳や網膜などでは、ブドウ糖とケトン体が唯一のエネルギー源である。・・では、脳が何かの原因で、大量のブドウ糖を消費した場合を考えてみよう。この時、体はただちにブドウ糖を補充して100mg/dlのブドウ糖濃度を維持しようとするはずだ。それができなければ脳が停止してしまい、生命は維持できなくなるからだ。つまり、人間の体は、この「ブドウ糖濃度(血糖値)維持システム」を備えていなければ生きていけないことになる。そして、この「血糖値維持システム」が使用しているブドウ糖は、食物に含まれるブドウ糖ではないことは明らかだ。脳がブドウ糖を大量消費した時に、手元につねに糖質を含む食べ物があるとは限らないからだ。・・つまり、人間の体に備わっている「血糖値維持システム」は、食事によらないシステムである、と推察できる。これは、糖質をいっさい食べない肉食動物のことを考えればわかる。肉食動物の脳も、われわれ同様、ブドウ糖(とケトン体)しか使っていないからだ。つまり、肉食獣はすべて、「食事によらない血糖値維持システム」を備えているはずだ。

 ここでも、糖は必要だけれども食物から摂取する必要が無いことの説明を引用しました。

・「血糖値を維持すすために、備蓄脂肪を分解してエネルギーを作り、そのエネルギーで備蓄タンパク質からブドウ糖を作る」・・外部からのブドウ糖流入がないから、ブドウ糖不足が解消されるまで、脂肪とタンパク質が分解されることになる。これが、「糖質制限をすると痩せる」メカニズムだ。

 糖質を取らないと痩せる理由です。糖質を取らなくても脂肪を取れば太るのではないか、という誰しも考えるであろう疑問に対する回答になっています。

・逆に糖質食をたっぷり摂取すると、必要以上のブドウ糖が体内に入ることになり、血糖値は100mg/dlという適正量を超えてしまい、糖新生は起こらない。さらに、血液中のブドウ糖が多くなると、血管にさまざまな障害が起こる。血液中のブドウ糖は生存に欠かせないものだが、多すぎると逆に毒になるわけだ(これを糖毒性という)。だから、血糖値を速やかに正常値に戻さなければいけない。そのために、人体が選んだのは、「余ったブドウ糖を中性脂肪に変えて、脂肪細胞にストックする」という方式である。

 糖質を取ることが悪い理由もこのように述べています。

・ここまでみてきたように、草食哺乳類は、摂取した食料に含まれるカロリーと栄養素以上のものを、消化管内の共生細菌から得て生きている。

消化管内の共生細菌の重要性を説いています。本書にも書かれていますが、草食動物が肉を食べずに必要な栄養素を摂取できるのは消化管内の共生細菌のおかげでもあるのですね。単純に人間の身体の中で動く消化メカニズム以外にも消化管内の共生細菌が生み出す栄養素もあるということです。大便の半分は細菌の死体だというくだりもありました。

 藤田紘一郎氏の同様の書物を読んでから自身も炭水化物の摂取量を減らしています。確かに効果があります。糖質制限食は試してみる価値は大ですね。



スポンサーサイト

ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断

2013.01.13 01:49|未分類
ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断 ★★★ 2013.1.12
千田琢哉
実務教育出版

 人生をあるいは人を2通りに分け、それぞれの行動様式や考え方を述べた本です。
 
・人生には二通りのコースしかない。
 「ヒツジのコース」と「ライオンのコース」だ。

・ヒツジは2番目から100番目を行き来するのが好き。ライオンは本命一本にぞっこん。・・・一番重要なことから逃げて、2番目から100番目をウロチョロしていては、どれだけ時間があっても足りない。・・・ライオンは2番目行こうに見向きもせず、いつも本命一本だ。だから、時間を生み出して成功していく。

・ヒツジは下を見て幸せを確認する。ライオンはありのままの幸せを享受する。・・・ライオンはありのままの現実を受容して、ありのままの幸せを享受する。・・・比較対象は常に自分の過去だから、他人に嫉妬したりもしない。

・ヒツジは会社から給料をもらっていると思っている。ライオンはお客様から給料をもらっていると思っている。

・ヒツジは模範解答を探し回る。ライオンは自分の理想を模範解答にする。

・ヒツジは夢を語り続けて人生を終える。ライオンは夢を紙に書いて一歩踏み出す。・・・夢を現実にする人の共通点は、紙に書き出すスピードとはじめの一歩目が猛烈に速いことだ。

・ヒツジは他人と競争して最後にドロップアウトする。ライオンは自分と競争して最後に勝者になる。・・・ヒツジの競争相手は常に他人だ。・・・ライオンのライバルは常に自分自身だ。だから他人の成功には心から拍手できる。他人の失敗には心から涙できる。悔しがるとすれば、自分自身に負けたと感じる瞬間である。自分自身の過去に負けていないか、昨日の自分に負けていないか、こだわるポイントは常にそこだけなのだ。

・ヒツジはもらうために必死に生きる。ライオンは与えるために必死に生きる。・・・ヒツジは24時間365日、自分が「もらう」ことばかり考えている。サラリーマンが、給料はもらって当然だ信じて疑わないのと同じだ。・・・ライオンは24時間365日、相手に「与える」ことばかり考えている。幸せを与えたり給料を与えたりすることによって、自分が生きていることを実感する。

・ヒツジは努力がすぐに報われると考えている。ライオンは努力が繋がっていると考えている。・・・ヒツジが努力せずに何事も長続きしない理由は、努力と成果は1:1だと考えていることと、成果を早く求めすぎるからだ。ライオンはすべての努力は、繋がっていることを知っている。1つの努力で1つの成果が出なくても、必ずその経験は貯金されている。すぐに成果が出なければ出ないほど、複利で経験は蓄積されていく。・・・振り返ったら、いつも1本の糸で繋がっているのだ。

・ヒツジは原因を外に探す。ライオンは原因を内に探す。

 さて、いかがでしたでしょうか? 人生を、あるいは人を2通りに分けたとした場合に、あなたの考える分け方と上記の分け方は一致したでしょうか? あるいは異なったでしょうか。もちろん上記引用は、本書の一部、それも私が恣意的に抜き出した部分にすぎません。


 上記引用を第三者の観点から見ると、私にとって、ヒツジとは周囲を気にする生き方であり、ライオンとは自分を見つめる生き方であると捉えることにフォーカスしているように見えますね。

 著者は、損保、大手経営コンサルティング会社を経て独立し、大勢のエグゼクティブとビジネスパーソンとの対話から得た事実と知恵を活かし、執筆、コンサル等を行っている方です。


テーマ:読んだ本
ジャンル:本・雑誌

リブセンス

2013.01.12 12:29|未分類
リブセンス  ★★★★ 2013.1.12
上阪徹
日経BPマーケティング

 2011年12月に史上最年少の25歳1か月で上場したリブセンスの社長・村上太一氏のドキュメンタリーです。

 リブセンスは、アルバイト情報サイト「ジョブセンス」の運営を主力とした企業です。ジョブセンスは、アルバイトを採用したい企業がジョブセンスに募集広告を出し、アルバイトを探している利用者がそれを見て応募します。アルバイト情報を掲載するサイトは以前からあり、ジョブセンスは後発とも言えますが、リブセンスがめざましい成長を遂げるのはその画期的なビジネスモデルにありました。

 アルバイトを採用したい企業は無料で広告を出すことができ、その広告を見て応募してきた人を採用したときに初めて企業はお金を払います(成功報酬型)。加えて、応募者は採用が決まるとリブセンスから採用祝い金がもらえるというものです。

企業側から見れば広告を出せば費用がかかるという常識を覆し、応募者から見れば採用祝い金がもらえることが口コミ等で支持を集めることになりました。

 しかしこれだけではありません。100社以上の競合他社がこのビジネスモデルを真似ようとして参入してきてもジョブセンスはなおも成長しているのです。この理由について村上氏は、「ノウハウの蓄積」と「先行者利益」を挙げています。

 ノウハウの蓄積には、検索エンジン対策や、サイト内検索での工夫の積み重ね等があります。先行者利益には、ジョブセンスを利用してアルバイトを問題なく採用している企業が他サイトに乗り換えるには手間がかかり簡単には乗り換えないという事情があります。

 しかし、ジョブセンスが成功している理由はそれだけでなく、「顧客の幸せ」を本当に考えてビジネスを行ってきたこと、が挙げられると著者は述べています。

 本書は、村上氏の子どものころの思い出から、親の教育、起業を決意した早稲田高等学院生時代のこと、早稲田大学へ進学しベンチャーコンテストに応募し起業するまでのドラマ、事業が軌道に乗るまでの苦しみ、そして組織が大きくなっていく中での取り組み、村上氏の考え方等が記されています。村上社長の普通の若者である一面と、上場会社の社長である一面とを見ることができます。

 著者である上阪氏は、1966年生まれでリクルートグループなどを経て95年よりフリーランスのライターとして、経営、経済、就職などをテーマに執筆やインタビューを行っていると、著者略歴にあります。

1割が変われば会社は変わる

2013.01.05 11:34|未分類
1割が変われば会社は変わる  ★★★ 2013.1.6
鈴木滋彦(NTTアドバンステクノロジ社特別顧問)
NTT出版株式会社

会社の構造改革のために「人事評価制度」の改革も併せて行う必要性を説かれています。その人事評価の内容に関心がありましたので、その部分をピックアップしました。

・人事評価制度の構築が改革の要
・ローテーション人事への取り組み
・「キャリア開発計画」がローテーション人事導入の要
・社員マインドを改革する評価制度改革
・今回の評価制度改革のポイントは「公平さの確保」

まず、人事のローテーションを確保するようにしたようです。人が動くことを前提に、閉鎖的な人間集団からの脱却が必要なのでしょう。

・個人評価と組織評価を行う
・成果は結果とプロセスからなる
・結果は、各人、各組織の業績で評価し、プロセス評価は、上部組織、会社への貢献度、会社の重点施策への貢献などで評価される。
・個人の結果評価については、絶対評価と相対評価の両方を行う
・直属上司が行う1次評価は、個々人に設定した目標等の達成度に応じた絶対評価です。さらにその上のマネジャーが行う2次評価からは、絶対評価で上がってきた多くの社員を相対評価します。
・個人の総合評価は、個人の成果評価と、その個人が属する組織の組織評価を加味して決める。

相対評価と絶対評価、個人の評価と組織の評価、直属上司の評価とマネジャーの評価等々、多面的に評価することは、公平性を担保するキホンでしょうか。


のうだま2

2013.01.05 10:30|未分類
のうだま2  ★★★★★ 2013.1.5
上大岡トメ&池谷裕二
幻冬舎

①.副題が「記憶力が年齢とともに衰えるなんてウソ!」とあります。

・脳の神経細胞の数は、3歳以降はほぼ一定で、100歳まで生きてもほとんど変化がないことが報告されている。

年をとって記憶力が衰えたと思うのは気のせいだそうです。以下はその理由です。
その理由1・・・若いときよりも情報量が増える
その理由2・・・そもそも覚えようと努力していない
その理由3・・・大人にとっての「つい最近」はかなり昔のことが多い
その理由4・・・忘れることを気にしすぎる

②.うさぎに条件反射を覚えさせる実験を行います。すなわち、条件反射が可能となるまでの条件、結果のくり返し回数を数えます。このくり返し回数は年とったウサギの方が若いウサギよりも多くなり、年齢で記憶力が衰えるという実験結果が出たように思えます。

しかし、これは年とったうさぎからシータ波が出ない状態の結果であり、シータ波を出る状態にすると若いウサギと同等の結果となるようです。

ここで、シータ波とは「興味を持っているときに海馬から出る脳波」です。歳とって経験を積むとシータ波が出にくくなるが、このシータ波が出た状態で記憶力をはかると、悪くはなっていないことが解ります。

③.睡眠の役割
・蓄えた知識を整理整頓して使える状態にすること。どうやらそれが睡眠の役割の1つであるようです。

④.記憶の形成
・記憶は「失敗」と「くり返し」によって形成される。

⑤.記憶の定着
・脳は入力するよりも出力を重視する

40問の問題を解かせ、その後、正解の有無にかかわらず2回目には40問全部解くと後の記憶力の低下は少ないという実験結果が出ました(スワヒリ語の暗記実験)

以下はスワヒリ語の暗記実験の詳細です。
 グループ1・・・40問を全部見直して    再び40問のテスト
 グループ2・・・間違えた単語だけを見直して 再び40問のテスト
 グループ3・・・40問を全部見直して    間違えた単語だけテスト
 グループ4・・・間違えた単語だけを見直して 間違えた単語だけテスト

覚えるまでのくり返し数はどのグループも一緒。ところが1週間後に同じテストをすると、グループ1,2は約80点、グループ3,4は約35点となったようです。

即ち、
・脳は「出力」依存型なのです

年とってからでも脳機能の低下、即ち記憶力の低下は気のせいであることが理解でき、記憶が必要な勉強のヤル気を起こさせる内容となっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。